毎月の給与だけで生活は出来ますか?
毎月の給与で十分生活していけます。親からの仕送りは必要 ありません。自分でお金を管理しているので、自分がしっかりしな きゃという自覚が芽生えてきます。
親元を離れて一人で生活するのがとても不安ですが、大丈夫でしょうか?
誰でも初めての土地は不安です。でも所長さんの家族の方や 読者の方に応援してもらっています。学校の友達も応援してくれます。
新聞配達の経験がなく、早起きが苦手ですが、それでも奨学生になれますか?
経験はなくても大丈夫。私も早起きは苦手でしたが、やる気、 根気をもって読者宅へ配達をする責任感、使命感があれば自然 と早起きになれます。
バイク(原付)の免許は取得しなければならないですか?
バイク(原付)の免許が必要だといわれ、入会前に取得しました。今でも初心を忘れないように交通安全を意識して配達をしています。配達に使っているバイクとヘルメットは販売所で用意してくれました。
学校が決まってから申し込んでも良いですか?
申し込みは、予約として受け付けています。通学校が決まってからでは定員に達している場合もあります。また、申し込み後の学校の変更は可能ですが、その時点の採用可能校に限ります。
志望校に合格したら締切日までに学費を借りられますか?
借りられますが、学費貸し付けを受けるためには保証人が必要になります。早めに書類を用意しておいてください。 詳しくは各事務局までお問い合わせください。
他の奨学金と併用は出来ますか?
可能です。詳しくは各事務局までお問い合わせください。
予備校の時だけ利用したいという条件でも採用してもらえますか?また夜間の学校に進学したいのですが、大丈夫でしょうか?
夜間の学校の場合は、夕刊配達の時間帯が早い地区があります。学校の授業には十分間に合いますので、安心してください。もちろん、通信制の学校、予備校生、宅浪生でも採用可能です。
配達中にケガをしたらどうなりますか?また、病気の時はどうすればいいですか?
仕事中のケガであれば、労災保険に加入していますので、医療費の自己負担はありません。また、病気になった場合は、すぐに所長や責任者に報告してください。
クラブ活動を考えていますが、両立できますか?
勉強と仕事の両立を考えると、時間的にも体力面からも両立は困難です。
雇用主は誰になりますか?
奨学生を求人するそれぞれの販売所長になります。その販売所で勤務することにより奨学金が支給されます。
応募用紙を無くした場合どうしたらいいでしょうか?
こちらよりダウンロードできます。