意思あるところに道は開ける

佐藤 優之介

大東建託株式会社 勤務
佐藤 優之介さん
立正大学 卒業

大学は自立して生活しようという気持ちから決心

私が「新聞配達をしながら大学に行こう」と決心したのは、高校2年生の時でした。やりたいことが見当たらず、大学でそれを探そうと思いましたが、借金はしたくないので、奨学金を借りずに大学に通える方法を探し、新聞奨学生という制度に出会いました。一人っ子として今まで両親にわがままを聞いてもらった分、大学では自立しようという気持ちがあり、東日本大震災の影響もあり、新聞奨学生という道を決心しました。

周りの環境が4年間楽しく過ごせた要因

4年間の奨学生生活で楽しかったことは、国籍バラバラな留学生とコミュニケーションを取れたことです。普通の学生ではなかなか味わえない経験でした。また、販売所の社員の方もすごく温かくて、その環境が4年間楽しく職務を全う出来た要因だと思います。逆に辛かったことは、生活のリズムが一変したことです。人が寝ている時間に起きて仕事をするのは慣れるまですごく苦労しました。また、大学の友達と遊べる時間が限られてしまうのも残念でした。

限りある時間の中で優先順位を付けて効率的に行動する

社会人になって役に立ったと感じるのは「時間の使い方」です。奨学生の時は、スキマ時間の有効利用にすごく気を配って行動していました。社会人になり、どう優先順位をつけて効率的に働くか求められているので、その点で役立っています。
新聞奨学生は決して楽な仕事ではありません。自分の時間も制限され、つらいと思うこともあります。ただ、その経験は必ず将来の仕事に役立ち、就職活動の武器にもなります。大切なのは自立心とやる気です。今の自分を変えたいと思っているなら、一歩踏み出して未来の自分のために行動してみましょう。

女性

毎日育英会や奨学金について、ご不明な点はお気軽にお問合せください。

お問い合わせはこちら
資料請求はこちら
説明会スケジュール
適用校一覧